2009年12月21日

『和宮』



特有のにおいが嫌いでめったに入らないブックオフですが、

先日、たまたま前を通りかかった時に、なぜかフラフラっと入ってしまい、

何気なく歴史書のコーナーを見たら、

30年前の『和宮』の本が105円で売ってたので、つい買ってしまいました。


「引き寄せ」ならぬ「引き寄せられ」でしょうか?w





ウィキペディア <和宮親子内親王>の

【替え玉説】の項目、


また、和宮の実際の素顔を知っていた数少ない人の内、島田正辰がいるが、彼は暗殺されている。彼の暗殺については八木清之助の書物に記されているが、この八木清之助が自害した和宮の体を京都の八木家のお墓に納めたという。





・・・八木家にある和宮の墓は「分骨」であると八木家では語り伝えられているわけで。
「替え玉説」とはカンケイないのですよ。つーか真逆。
誰が何の目的でこんなこと書くんだろう?w




それにしても、八木清之助は若き日の王仁三郎の冠句(雑俳の一種)の師匠で、その頃の王仁三郎の恋人は八木清之助の娘・・・ってスゴイ話だ、、、、



posted by 悲しき秀才 at 04:15| Comment(5) | 和宮の左手首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

大河ドラマ便乗 緊急特集(?)

和宮(堀北真希)





和宮の元・婚約者である有栖川宮熾仁(たるひと)親王の父、有栖川宮幟仁(たかひと)親王の筆による住吉神社(東京都中央区)の陶製の扁額でござる







なお、孝明天皇(和宮の異母兄)と出口王仁三郎、および「錦の御旗」の驚愕の裏面史について知りたい奇特な方は



 『たまほこのひ可里』



で具具ってくだされ、、、(笑)



posted by 悲しき秀才 at 21:17| Comment(0) | 和宮の左手首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

和宮関連記事

(NHK大河ドラマ便乗企画)



和宮写真(箱根・塔ノ沢 阿弥陀寺HP)



で、いちおう以下は目次(のようなもの)。今さらですが。



続きを読む
posted by 悲しき秀才 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 和宮の左手首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

フルベッキ写真

明けましておめでとうございます

お正月といえば、やっぱり「フルベッキ写真」・・・



続きを読む
posted by 悲しき秀才 at 03:37| Comment(0) | 和宮の左手首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

和宮の左手首 その11

ひき続き

「〜若宮の死〜 有栖川宮が知ってしまった天皇の秘密」(文=出口禮子)
から

<心痛の有栖川宮を癒した伏見の恋>


続きを読む
posted by 悲しき秀才 at 03:52| Comment(3) | 和宮の左手首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする