2011年03月30日

死活問題






福島第1原発の事故を受け、国が原子力政策を見直す姿勢を示したことで、再処理工場が立地する六ケ所村の企業や村議らの間に警戒感が広がっている。村は当面、国の対応を注視する構えだが、仮に核燃料サイクル政策が後退すれば、村経済や雇用が打撃を受ける可能性があるとして「死活問題になりかねない」(村内企業経営者)との声も上がっている。














・・・事故の場合じゃなくて通常運転で放出される量ね。



posted by 悲しき秀才 at 00:42| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうなっても金と安全の尺度が残念なまま突き進むんすかねぇ
Posted by ミネ at 2011年03月30日 01:04
出さない研究や無力化する研究はないんだろうか。
Posted by   at 2011年03月30日 01:57
Posted by 悲しき秀才 at 2011年03月31日 22:38
50マイルと拡大縮小いじれるのがイイデスネ

私はコッチを使ってましたw
http://www.nanchatte.com/map/NuclearPowerPlant.html
Posted by ミネ at 2011年04月01日 12:54
スーパーサル
Posted by A- at 2011年04月01日 13:03
そろそろ落としどころをみつける時期でしょ。
肉から見つかって、地面からも検出されたん
でしょ。沈静化させて、その次は、なんだろ
ね?新たな利権や諸々ビジネスの創出かな。

データ採取?短期中長期とかetc

病理学、経済、政治。

まるで関東圏が総合実験場と化したみたいだ。
Posted by 匿名 at 2011年04月01日 16:11
公的な情報の出し方が変化してきましたね
お仏蘭西流情報操作ノウハウ@猿誇示&アンヌ直伝かな?w
Posted by 悲しき秀才 at 2011年04月02日 03:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。