2010年05月19日

TANAKAゲノム(理研編)



<大河内正敏>

1878年(明治11年)12月6日〜1952年(昭和27年)8月29日)

・理研を国際的な研究機関にまで育て上げた。
・無名時代の田中角栄を引き立てたことでも知られる。



1945 年(昭和20年)12月6日 - 軍需産業、内閣顧問、原爆製造計画の責任により、戦争犯罪人としてA級戦犯に指名される。
1945年(昭和20年)12月13日 - 巣鴨拘置所に収監される。
1946 年(昭和21年)4月 - 釈放。

1952年(昭和27年)8月29日 - 脳梗塞で死去、享年73。勲二等旭日重光章を受ける。
墓所は、埼玉県新座市の平林寺。


posted by 悲しき秀才 at 08:18| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピストンリングのリケンを作ったのもこの人でしたっけ

しかし野火止の平林寺ですか……
Posted by 白田 正宗 at 2010年05月19日 09:39
無添加だし 
無添加って表示してもいいだし
と解るまでの一時使ってました

けど、今は名前だけ状態なんですね
ゴムの方も 
Posted by ミネ at 2010年05月19日 10:53
 大河内氏は田丸氏、木造氏らと共に伊勢北畠氏の分家では?
後南朝がらみですか。
ちなみに中学時代の同窓生で田丸という知人の父親が“JAL“勤務でした。 失礼しました。
Posted by Mitaka at 2010年05月20日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。