2010年04月29日

レシート裏 20100425の補遺



「インド人占い師」情報


http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

via kwout





アップされてました →魚拓 (8〜)




ポッポと接触のある唯一のインド人、ヴィバウ氏は占い師などではないが、
実はインドでスピリチュアル≠ネ団体を主宰していた・・・


と書いてありますけど、こちらのことですね








Trustee= 役員・理事。 「主宰者」ではないですね。




サラッと見たけど、占いとか予言をするような、「鳩山家的な意味でのスピリチュアルな団体」では全然ないようですが。





この面子をどう解釈するか





無防備マンの亡命政権はインドにあるわけだから、別にヘンな話ではないとも言えば言えるわけですけど



<アブドゥル・カラーム>(ウィキペディア)
元大統領。外務大臣時代の麻生サンとも会ってます。ニックネームは「インドのミサイル男」。






今回の「インド人占い師」誤誘導情報、
翠ナントカの件だけではなく、各方面の思惑がいろいろあるようです。
(ヤバそうなのでこれ以上は突っ込みませんw)


posted by 悲しき秀才 at 00:14| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

最高司令官



は俺たちの由紀夫。









<中国機が成田に無許可着陸、管制官と交信せず>(2010年4月25日 読売新聞)







YouTube



東京イエローページ、懐かしい


posted by 悲しき秀才 at 21:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

レシート裏20100425

「幸夫人、インド人の占い師が・・・」の件、

実際、印度がなんちゃらって以前いろいろやってたし、

俺たちのユキオは「排出権ビジネスモデル」を考案した印度人から追い込みかけられてるみたいけど

西荻三兄弟の蠢動を考え合わせると、
明らかにあちら方面を隠すための誤誘導(byフジサンケイグループ)じゃ麻衣か?w






西荻三兄弟:
<神は細部に・・・>


あちら方面:
<鳩山幸夫人の「開運の師」>
<深見東州と九頭龍神社、そして幸への1>
(全面的徹底改造計画その壱殿)





たぶん「太陽パクパク」は紅卍字会系の術ざんすよ。また今度書きます。

posted by 悲しき秀才 at 20:18| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「かなまら祭り」と「鳩山由紀夫首相」の知られざる関係



以前、鳩山由紀夫首相の祖父・鳩山一郎氏の書による扁額が

川崎市の日枝大神社に掲げられていることを取り上げましたが






これは日枝大神社の宮司さんが鳩山家と縁戚関係だからだそうです。

(ソース:民主党・城島光力議員のブログ 魚拓






さて、同じ川崎で、何かと話題の「かなまら祭」。





「かなまら祭」を行なっている「金山神社」とは、若宮八幡宮の境内にある神社です。



つまり「かなまら祭」とは、「若宮八幡宮」が行なっている祭です。



若宮八幡宮公式サイト




<若宮八幡宮 (川崎市)>(ウィキペディア)



<金山神社 (川崎市)>(ウィキペディア)




この若宮八幡宮&金山神社の宮司である中村家は、日枝大神社の中村家と同じ中村家。


つまり、鳩山家と縁戚なのだそうです。

(ソース:民主党・城島光力議員のブログ 魚拓









ソースが民主党議員さんのブログだけというのもアレなので、

いちおう自分なりに調べてみました・・・















鳩山由紀夫氏の資金管理団体・友愛政経懇話会の資金報告書(官報)


hato kenkin.jpg

PDF




どうやら間違いないようです。w






・・・ということは、かなまら祭の収益金(?)とか、ティンコストラップの売り上げ(?)とかの一部が、


鳩山由紀夫首相の活動資金になっているということなのでしょうか?wwww















以下余談ですが、
なぜかこれ思い出した

http://www.badmovies.org/movies/beneathapes/beneathapes7.jpg

via kwout


(映画『続・猿の惑星』で、ミュータント人類が核ミサイルを神として崇めてる話)




http://stat001.ameba.jp/user_images/d8/86/10062103867.jpg

via kwout


(『フラッシュ・ゴードン』のパロディ映画『フレッシュ・ゴードン』のティンコ・ロケット)





<ライアー鳩山の真の目的は日本核武装化>(団長殿)




・・・深層心理学的に、「男根崇拝」が「ロケット崇拝」とか「ミサイル崇拝」へ転化しちゃいそうな件(これが本当の「陰棒論」w)








まあ、ズバリこっち方面でしょう
<友愛教団 その深遠なる教義(今そこにある陰ノウ 最後の性腺編)>


posted by 悲しき秀才 at 10:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

縄文時代のビッグブラザーへ


(3橋君について書こうとしてたら、団長殿と完全シンクロ(?w)してしまっていたので他のネタを。)





<民主・小沢氏、青森の遺跡視察 月曜日定例の党役員会を欠席>(2010/4/19 日経) 



民主党の小沢一郎幹事長は19日、青森市を訪れ、日本最大級の縄文時代の集落跡がある三内丸山遺跡を視察した。視察は表向きの日程で、夏の参院選の青森選挙区の陣営テコ入れを図った。青森出張を理由に、月曜日定例の党役員会を欠席。記者会見も中止した。


(魚拓)














「参院選の青森選挙区の陣営テコ入れだった」というのは表向きの理由で・・・(笑)







オザワン訪問の前日、三内丸山遺跡のすぐそばで新幹線の検査車両「イースト・アイ」が故障で停止していたと某氏に教えていただきました。


<新幹線、検査車両がトラブル 12月開業の新青森駅付近で>


posted by 悲しき秀才 at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

あまりにも忙しすぎて


まったく何も出来ません 





アン・ルイスでも聴いてください
















posted by 悲しき秀才 at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

日記


地デジカ、じゃなかった、近々面白い記事を書く予定。
posted by 悲しき秀才 at 07:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

4月12日はキカイダーの日




こちらですけど、






マジで当たってるかもしれません、、、
















ハワイで「キカイダー」が爆発的人気だったまさにその時、
オバマ少年はハワイにいたわけですから、ほぼ確定でしょうw







今でも人気、ハワイのキカイダーのファンサイト
「ジェネレーション・キカイダー」
http://www.generationkikaida.com/





おーレッドアンドブルー〜♪


posted by 悲しき秀才 at 10:42| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頼れる仲間プルト君

<核テロ対策で東海村に国際拠点 首相、サミットで表明へ>
(共同 2010/04/10)



 


あのですねえ、

高速増殖炉のもんじゅってのは、

原爆用の高純度プルトニウムの製造施設以外の何ものでもないわけで、

あれだけの「事故」をおこして、懲りずにまた再開するってことは、、、、





わずか十何年か前まで、「日本は核(兵器)開発の疑いのある国」ってことで、IAEAがブラックリストに載せて公表してたんですけど、

そんなこと日本のマスコミは報道しないし、ほとんどの人は知らないでしょう。


で、日本をブラックリストから外してもらうってことで、IAEAがプルトニウム保有量の本格的な査察を日本で行なったんですけど、


実は何十キロものプルトニウムが

「行方不明デス。調査終了デス。チャンチャン。(笑)」

ってことになって、

一部新聞ではベタ記事で報道されたのに、誰も問題にしない(笑)





10発だか20発ぶんの原爆用プルトニウムは既に日本にあるので、

さらに本格的に製造するということは、

これからの核開発は北朝鮮なんぞはなから相手にしていないことがわかります。




米ロの「なんちゃって核軍縮」、
オバマの核使用対象国の仕分け宣言、

それとシンクロして起きているいくつかの国での動乱、
ポーランドの飛行機の事故。



まさにきち石根殿が警告していたように

<国際リベラルグループこそ戦争屋>

なわけですね。






もんじゅ再開後が要注意とオモイマス。
(米は一枚岩ではないので。)

posted by 悲しき秀才 at 09:53| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

白山



どこかでどなたかが書いておられましたが、

確かに伊勢白山道のベースの元ネタは金井南龍ですね。


昔、徳間書店から980円で出てた金井南龍の対談集が、今は4000円ですか。

彼が出してた雑誌(?)なんかもっと高い。


山積みの資料箱のどこかにあるから、こんど探してみるか。


みずぽが水着でテレビ出演したときのVIDEOも出てくるかも。


posted by 悲しき秀才 at 23:58| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする