2008年11月30日

麻生「失言」の深層

ニッケイ新聞、このところの麻生叩きは度を超えてますね・・・



ところで、「政治家のすべての失言には裏がある」と思っているワタクシ。(ただし森氏のは除く)



「踏襲」(これは「失言」というか「誤読」だけど)の件については、善の帝国殿が回答してくれてますが



「何もしない人のために、なぜ私が金を払うんだ」


と言ったとされる麻生さんの「失言」、


発言自体については、心に青雲殿のこちらが実体に近いと思うのですが、


なぜこのタイミングでこんなことを言ったのか、、、、、



この件とあわせて考えると


<麻生首相、日本郵政の株式を売却凍結>(2008年11月20日・IBTimes)

(発言の日時がポイント)




つまり、「なんで俺がジュンちゃんのトバッチリ受けて尻拭いしなきゃならないんだよ」という意味ジャマイカン少佐。。。





ところで前エントリ、簡単に言えば、


{盛況+舞日} が {盛況+舞日+旭}になったのでは、ということ。



今までは、舞日叩き=草加叩き でよかったけど


今後は、草加叩きのつもりの単純な舞日叩きは {+旭} の部分を隠す誤誘導にしかならなくなって、逆に敵に塩を送ってることになるんじゃないかなー、ということ。



で、暗愚羅利権の再編のおこぼれにあずかろうと裏でセコく足掻いているフェン・フォーキン(ry 一味のネット工作班という構図w




JR東海 そうだ、京都行こう。 清水寺編 −YouTube


posted by 悲しき秀才 at 10:31| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

一葉落ちて・・・(追記あり)

朝日新聞が出してる『暮らしの風』なる小冊子(?)があるそうで、


毎月の集金の時に販売員が置いていくモノらしいです。(生まれてから一度も朝日とった事ないんで・・・)


まあ、「家事のコツ」とか「便利レシピ」とか「健康豆知識」みたいなのとか、よくあるやつですね。


冊子と同じ内容がサイトでも見れるみたいです。


で、その中の「今月の体操&ストレッチ」というコーナー。


毎月連載になってて、これまでに「ヨガ」とか「チベット体操」とか「真向法」とか「ゆる」とか載せてたみたいですけど、


今月(12月号)は「相撲健康体操」。

 ↓






ポイントは、体操を実演して見せてくれてる写真のおすもうさん、






名前書いてないけど、このヒト



八角部屋の三段目力士



「師子王」(ししおう)さん


。。。。。w




なんとなく

 ↓

<朝日新聞(笑)>




(意味がわからない人は力士名で具具ってくだされ)



我ながら何という細かいネタ・・・・orz





(追記)

蛇足ですけど、八角部屋といえば 

<関連項目>


経緯はこちら




・・・またフェン・フォーキン(ry

posted by 悲しき秀才 at 12:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

コメ

<三笠フーズ破産手続き決定>



このところの一連のゴタゴタに目を奪われて、コメ問題の影が薄れてる感がありますが


じつはすべては(広義の)コメ問題から発してたりして・・・・・



まあ、農水は石破サンですから、なんとか。 (←深い意味無し)
posted by 悲しき秀才 at 07:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

オグリッシュ・・・

なんと


<TBSキミハ・ブレイク 「篤姫は知っていた!?徳川埋蔵金大発掘!」に関し・・・>(Birth of Blues殿)


GJ!


 

小栗上野介


小栗判官


照手姫




妄想は膨らむ・・・・・・

posted by 悲しき秀才 at 06:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

必殺の0.01%

「0.01%」についてあれこれ考えてみた・・・



100% − 0.01% = 99.99%



「99.99」!



これが刻まれてないとヤバいとかなんとか・・・



んー、さすが殿下。プロは違う。



ということで、一般人の私はここまで。この件についてはこれ以上何も書きません・・・・




あ、タイトルはもちろん「ウルトラセブン」の『必殺の0.1秒』から。




ソガ隊員大活躍(?)の巻でした。



ULTRA SEVEN -YouTube

posted by 悲しき秀才 at 00:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

開化天皇の謎

出口王仁三郎が謎のような言葉を残している




「神武天皇というのは神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)より今上昭和天皇までのことである」




「昭和神聖会」の前身ともいうべき「昭和青年会」。王仁三郎は「昭和青年会」は開化天皇の活動である、とも語っている。



王仁三郎の側近・木庭次守によれば、「平成の今上天皇から開化天皇の時代に入った」ということなのだが、これも謎。




<開化天皇>(ウィキペディア)


注目すべきは、開化天皇の皇后(第一夫人)は伊香色謎命(いかがしこめのみこと)であり、物部氏であること。そもそも名前からして「謎」w


(ちなみに伊香色謎命は、開化天皇の父である先代の孝元天皇の妃(第二夫人)でもある・・・謎。)


また、開化天皇の生母は、孝元天皇の皇后である欝色謎命(うつしこめのみこと)で、こちらも物部氏系。


で、開化天皇と伊香色謎命の間にできた皇子が次代の崇神天皇。


崇神天皇は尾張大海媛(おわりのおおあまひめ)を妃とする。


尾張大海媛は大海姫命(おおあまひめのみこと)とも。海部・尾張氏系。


元伊勢、籠神社、舞鶴。


→ <同殿同床>



つまり伊勢神宮って・・・・



ま、私が語りたいのは現在進行形のことですけど。



少なくとも、皇后陛下や皇太子妃殿下が重要な儀式・祭祀に「列席」するようになったのは、明治政府が西洋諸国の真似をしはじめてからではないでしょうか?w




『チーズはどこへ消えた?』wじゃなくて『物部氏は(蘇我氏も)どこへ消えた?』とかw

posted by 悲しき秀才 at 22:12| Comment(1) | 出口王仁三郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

白村江

おなじみアンサイクロペディア



↓「大統一理論」ウケたんですけどw







消えちゃいましたね  (現在


 (・ω・;)(;・ω・)



ピンクレディー 透明人間 -YouTube





鎌足の藤原氏と、天児屋命を祖とする中臣氏とは別だと思う

posted by 悲しき秀才 at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住民票ですか・・・

0.01%・・・・w



まあ、この不可解な事件が「補足」だと思うけど


<長野3人死傷>



近くに温泉、市内の温泉。

そこの寺社。

東海道五十三次、静岡県の宿場町、江戸時代から続く名物。




難易度、漢検でいえば5級くらいかな?


posted by 悲しき秀才 at 10:42| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

随感録20081120

wikiの件、私も鼻で嗅いで見ましたが、嫌な臭いどころか甘く漂う臭いがしました・・・<爆




で、


東京都中野区の鷺宮という地名


さいたま市南区の(ry



いやいや、私のような凡人には想像もつかないレベルの暗闘が繰り広げられているのかな、と勝手な思い込み、、、




Mothra Song (1992) -YouTube



↑『ゴジラvsモスラ』熱海のロマンス座で封切で見た記憶






♪ラ・ラ・ラ・無尽くん〜 w




極私的には麻生さんの今後の動きを注視

posted by 悲しき秀才 at 09:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

またまた大河ドラマ便乗特集?

相当ガイシュツですが


「孝明天皇」と「特許」の関係ってご存知でしょうか



そう、「堀田瑞松」です



「堀田瑞松」についてはこちら

 <日本特許第1号を得た堀田瑞松>(魚拓)


(↑私とは主義主張の異なる「自由主義史観研究会」のサイトですがw、うまくまとまっているので)



今さらですけど注目すべき部分を引用

やがてその名声は孝明天皇の知るところとなり、慶應元年(一八六五年)二十八歳のとき、水晶宝珠の台を彫刻するよう命じられた。

堀田瑞松は命がけでこの大仕事を果たし、そのできばえを愛でた孝明天皇によって、「寸松」を「瑞松」とするようにとのお沙汰を賜った。

このときから堀田瑞松と名乗るようになり、これ以後、皇室に関係の深い仕事を多くするようになった。





で、いきなり超マニアックな話題になりますが


『神聖会日誌』というのがありまして、「昭和神聖会」の公式日誌なんですけど、昭和9年7月の会発足から昭和10年12月の検挙直前までの神聖会内部の出来事をこと細かに記したものなのですが


昭和9年12月の項(ちなみに統管とは出口王仁三郎のこと)

十二月十八日
統管臨席の下に高岡市に於ける支部発会式挙行、会場小学校講堂、講師同前。
川戸夫人来訪、孝明天皇御物の件につき話あり (後略)



「孝明天皇御物の件」・・・!?


「川戸夫人」って誰なんだぁ〜?


posted by 悲しき秀才 at 01:09| Comment(0) | 出口王仁三郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする