2008年09月28日

お知らせ

「汚染米」エントリの一部を削除しました。。。。





アメリカ国歌 日本語訳 (Star-Spangled Banner) -YouTube




America The Beautiful  -YouTube





「Cadillac Escalade Hybrid」おススメ!!






・・・つーか、マジにキャディラックは良くできてると思う
posted by 悲しき秀才 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思考実験:「中山発言」の深層 (期間限定エントリ?w)

「日教組」以外の、「成田問題」と「単一民族」発言について。


このレベルのヒトが「事実関係を知らなかった」というのはありえないので、これは「確信犯」だな、と。


では、なぜこんなことを言ったのか。


<国交相の謝罪一問一答> (産経 2008.9.26)

−−改めて単一民族という真意を

 「外国に行くと分かるが、米ニューヨークなどではまさに民族のるつぼいろいろな方がいる。日本に帰ってくると、同じような人が住んでいることで単一といってしまった。似通っているなと。ただ、日本列島には、色々なところから人が移り住んできたという認識は持っている


−−成田の発言について、道路のほか、公共事業でも同じことを考えているのか

「私は宮崎の小さな農家出身です。市の道路拡張で先祖代々の宅地が半分以上削られた。小さなころから農作業をした長方形の田んぼがあったが、斜めに横切る道路ができ、なくなった。父は早くに亡くなっており、母は後家さんといわれ軽く見られたのかなと、残念に思いながら市の決定に従うべきではと思った。農家の強い思いは人一倍分かっているつもりですが、それについて撤回した」



で、中山サンの出自を調べても「宮崎の小さな農家出身」という以外、全然わからないが、


もしかして、キーワードは「熊襲(クマソ)」「ヤマト建国」じゃまいか?・・・w (あるいは「鎌倉武士団」も・・・?)


参考拙エントリ: <スピロヘータは小沢(小澤)マリアの夢を見るか?>



だとすると、やはり「ある勢力」(=外国に非ず)が、動き出したよンというメッセージとして、中山サンにこのタイミングでこの発言をさせたんだったりして・・・


そうすると、ましまろ電化がオザワンに関して小清水の引用をしてたこととつながってきて、ナットク。ということになるのだが・・・w


つまり御徒町って、大正時代や戦前は半島勢なんかじゃ全然なくて(ry  芋飴とか(ry



あ、関係ないけど、私、べったら漬けは大好きですので、そこのところお間違えなく・・・



posted by 悲しき秀才 at 09:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

食育

話題沸騰の「食育」・・・


<新風 遂に「ゲーム脳」の世界へ旅立つ> (Birth of Blues殿)




で、ちと古いけど


『すっきりわかる食のQ&A』(平成14年9月 農林水産省)
(PDF)
(HTML)


<食糧庁・食糧事務所の業務>

1.米の備蓄(略)

2.米麦の国家貿易の運営(略)

3.米の計画的生産の実施(略)

4.米の消費拡大、「食育」の推進
(1)栄養バランスに優れたごはん中心の日本型食生活の普及・定着のため米の消費拡大の活動を積極的に展開。
(2)出前授業等による「食育」を推進。食糧の生産・流通・加工・消費等に関する情報を幅広く収集し、生産者、消費者及び流通関係者等に提供。

5.精米表示の適正化(略)

6.食品の安全性等の点検・調査(略)(笑)



・・・


<食育教育の裏側> (週刊金曜日な日々殿 2005-08-01)

週間金曜日の最近の記事


「なぜ国が国民の食の教育に?おおきなお世話」という記事でしたが。
この著者は読みが甘い!
この食育法の裏にあるのは、余りに余ってツブシのきかない「元食糧庁職員」失業対策法なのです!

食糧庁は全国ツツ浦々にあって、お米の作付け状況を調べるという大事なお仕事を担っておられました。が!1993年冷夏の不作を予想できず、米の輸入手当てが後手後手になり、「無能さ」を露呈していまった役所です。
(まあ、そのうち暑くなって収量が復活すると思ったのでしょうね。米輸入などととんでもない時代でしたし。上部が自分の都合の悪い数字を見ようとしなかったのでしょう。カネボウと一緒!)

食糧庁はなくなりましたが、大勢の公務員は首にはできない。輸入食品の検査にまわそうとしても転勤をいやがる人ばかり。
というわけで、浮上してきましたのが「食育」と「衛生監視員」制度。

元食糧庁の公務員のために、仕事をむりやり作ったって訳。
こういう法律はあっという間にできるのに、「夫婦別姓」とかいつまでたってもたな晒し。
ジミントーオヤジ族には困ったものです。



自民党つーか・・・・





食育
日野原
河野美代子




「食育基本法」 → 生き方上手(いろんな意味で)


posted by 悲しき秀才 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

包帯

<小沢民主党代表、喉痛で包帯?> (日本アンチキムチ団殿)




オザワンの包帯って


http://www.zakzak.co.jp/top/200809/image/t2008092542ozawa.jpg

via kwout





・・・もしかして「おろちの包帯」?



映画『おろち』公開に合わせたタイアップキャンペーンだったりして・・・



包帯のどっかに楳図かずおのサインが入ってたりして・・・





・・・なわけない


なんたってオザワンはジョージ秋山派だもんねw






『おろち』見に行かなきゃ・・・


posted by 悲しき秀才 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

ということで

直近3エントリ、ちとトバシ過ぎたようなので


少し自粛しますね・・・ (^_^;)




で、『ベアテの贈り物』。



超ガイシュツですが


日本国憲法第24条は「夫婦間の平等」について言ってるだけなのに、それを「男女間の平等」にまで拡大解釈するなんて、まさに「解釈改憲」そのものじゃありませんか


(「解釈改憲」=憲法解釈の変更によるなし崩し的な憲法運用の変更)



心当たりのある人はベアテさんに謝ってください・・・




<日本国憲法第24条>(ウィキペディアより)

条文

1. 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

2. 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


英訳文

1. Marriage shall be based only on the mutual consent of both sexes and it shall be maintained through mutual cooperation with the equal rights of husband and wife as a basis.

2. With regard to choice of spouse, property rights, inheritance, choice of domicile, divorce and other matters pertaining to marriage and the family, laws shall be enacted from the standpoint of individual dignity and the essential equality of the sexes.





(おまけ)
思考実験:Nanoゼリ問題の本質
何でアントシアニンなの?>眼に良いから>何で眼?>・・・ω

posted by 悲しき秀才 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

今日の豆知識 20080921 その2

時系列的に順序が逆になってしまいましたが・・・


祓戸四神: 瀬織津比売、速開都比売、気吹戸主、速佐須良比売


正直、速佐須良比売についてはよくわかりません



『大祓祝詞』は『中臣の祓』とも言うんでしたね・・・



どうでもいいけど、今月号の『ムー』の特集が「天の岩戸開き神話」の何たら、というのが気になる



余談ですが、「訓高下天云阿麻(天はアマと嫁!)」とあるのに「たかあまはら」と読まず「たかまのはら」「たかまがはら」と読むのはおかしいと昔から指摘されている件・・・
posted by 悲しき秀才 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の豆知識 20080921

<ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ>(ウィキペディア)





ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ(Joséphine de Beauharnais、1763年6月23日 - 1814年5月29日)は、フランス皇后。ナポレオン・ボナパルトの妻。

続きを読む
posted by 悲しき秀才 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chrome (by 善の帝国) について

Chromeのこと、書こうと思ったまま完全に忘れてた・・・


私の場合、仕事的にFirefoxのプラグインが必須なので、Chromeを使う予定は当面無いのですが


ま、善の帝国の皆さんが本気になって取り組んでいるらしいので、インターフェースはこれからいろいろ改良されると思います・・・



ところで、


Chromeのマーク(?)ですが






・・・この印象的な色あいと質感、どこかで見たことあるな〜と思ってたんですけど



ズバリ、コレでしょう







♪今に見ていろ ハニワ幻人 全滅だぁ〜



つまりハニワ幻人は

http://loscuatroojos.com/2008/03/06/bill-gates-no-longer-worlds-richest-down-to-number-3/

via kwout





善の帝国の皆さんって一体・・・



あと、図柄的には「トリスケリオン(三脚巴)」で、ドルイ・・・おっと、八幡神の文様なのでしょうかw




kotetsu jeeg op -YouTube




鋼鉄ジーグ アニメタル -YouTube (ディープパープル風味)




付記:
赤・青・緑・黄色の4色はもともとGoogleロゴの色でもあるんだが、Chromeマークの色あいとGoogleロゴの色あいは微妙に異なっていて、Chromeマークの方はよりジーグに近く(というかほぼ同じに)なっているということです
posted by 悲しき秀才 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反日のゆくえ その2 補遺

なんでウルグアイなの?って人にはこちら


<統一教会の最高幹部太田洪量さんがパラグアイで誘拐される> 2007年04月03日(Birth of Blues殿)



あ、現在のローゼン閣下にUNKOを投げる意図は毛頭ありませんので・・・



関係ないけど、「小沢(小澤)国替え」と「小沢(小澤)マリア国替え(有→無)」のタイミングが絶妙にリンクしていた件w


posted by 悲しき秀才 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

反日のゆくえ その2

「アカマツ」、それは「三條苑」に続くキーワード・・・

続きを読む
posted by 悲しき秀才 at 14:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする