2008年05月26日

ロハスな生活・・・

なぜか部屋に虫が多い・・・

(以下、虫などが嫌いな方はご遠慮ください。下らない話です。)

続きを読む
posted by 悲しき秀才 at 03:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

お知らせ (蛇足あり)

なんか

「××××  製法」

でバイドゥって来た香具師がいたみたいなので、該当エントリ削除しました・・・



つーか、


当局はウェブサイト削除依頼よりも、マスコミの報道を規制しろって!



あと、


液体まぜまぜのオイタしたい香具師共!



そんなに液体まぜまぜしたいなら、これやれ!
 ↓

Mountain Dew - Glow in the dark−YouTube



必要なもの:
・マウンテンデュー(ペットボトル入り)
・ベーキングパウダー
・過酸化水素水(オキシドール、オキシフル)



次に、

マウンテンデューの代わりに、自分のおしっこも光るか実験汁!


Make Urine Glow (and other stuff)−YouTube



(尿は3分過ぎ)


本当か嘘かわからんので実験報告求む・・・


<蛇足>
posted by 悲しき秀才 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プ」は「プーチン」の「プ」

<統一教会紙:「中国とインドが水をめぐって戦争になる恐れ」・・長期化すると中国敗北の可能性が濃厚>
(日本アンチキムチ団殿)


ん?
レコードチャイナの記事は何故か


プ(PU)ラマプトラ川」


になってますね・・・





実際は「ブ(BU)ラマプトラ川」(Brahmaputra River)。


まあ、中国では発音が転訛して「プ(PU)」になることもあるのかもしれませんが・・・


<ブラマプトラ川>(ウィキペディア)

(ブラフマプトラ川 から転送)
「ブラフマプトラ川( - がわ、英:Brahmaputra River, ヒンディー語:ब्रह्मपुत्र Bramhaputra, ベンガル語:ব্রহ্মপুত্র Brohmoputro) はチベットに発しバングラデシュでガンジス川と合流し、ベンガル湾へ注ぐ河川である。チベットではヤルンツァンポ川(チベット語:ཡར་ལུང་གཙང་པོ་ Yar-lung gTsang-po, 中国語:雅鲁藏布江)、バングラデシュではジョムナ川(英:Jamuna River, ベンガル語:যমুনা Jomuna)と呼ばれている。」


チベット・・・


で、UPIの元記事
China's future water war with India


翌日のUPIの関連記事
"Walker's World: The most dangerous place"



・・・やっぱり、チベットに関連した記事でした (・∀・)ニヤニヤ

You Seeですから



もちろん、レコードチャイナの記事には「チベット」の「チ」の字もありませんね


ダム問題とチベットとの関連をあれこれ言われたくないチャイナとしては


<ブラマプトラ川>で検索できないように「ブ(BU)」を「プ(PU)」に変えたのかな?(笑)

posted by 悲しき秀才 at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

宏観異常現象 【こうかんいじょうげんしょう】

<宏観異常現象 【こうかんいじょうげんしょう】>(デイリー新語辞典)

「〔宏観は中国語から〕 大きな地震の前に人間の感覚で感知される前兆現象。地下水の異常や地鳴り,動物の異常行動など。宏観現象。」


<宏観異常現象>(ウィキペディア)

「宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)とは、大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象とされるものなどを、ひとまとめにして呼称するものである。」

中国における取り組み
「中国では、1975年に発生した海城地震において、国家地震局が動物の行動異常の報告を広く募集する活動によって地震の直前予知に成功し、死傷者の軽減に貢献した事例がある。ただし、その翌年に発生した唐山地震においては同方法による直前地震予知は失敗しており、以後の検証や継続調査なども行われていない。」



<カエルとチンパン地震発生を予知? 四川大地震>(iza)
<中国四川大地震前、各地で兆候が発生>(大紀元日本5月14日)

<本日の中共・半島オチ> (陳胡痒のWorld view殿) 


<「地震前にヒキガエルが大移動」無視、貧弱予知の実態> (夕刊フジ)

「中国では1960年代、北京を襲った大地震に周恩来首相(当時)が肝を冷やし、地震予知を国家で取り組む課題として掲げたことから全国ネットワークが形成された。

 75年の海城地震では、予知によって直前に出した避難命令が奏功し、数万人に及ぶと思われた死者が約2000人にとどまった。警報を出した地震学者は観測データのほか、「馬の異常ないななきや、ニワトリが飛んだのを見て、警報発令に踏み切った」と語り継がれている。

 世界初の地震予知成功に気をよくした政府は、国民に動物の行動や自然現象の観測を奨励した。「豚が塀をよじ登った」「大量のネズミが発生した」「井戸から泡が出た」といった情報が寄せられたが、地震災害を未然に防げたケースはほとんどなし。国を挙げて予知に取り組む熱も冷めていった。

 周恩来以降の国家首脳も地震予知への関心が薄く、予算も減額傾向で、地震計の総数も日本の約1000個に遠く及ばないという。」


<カエル集団移動に地震雲「予知現象あった」とネットが当局批判> (読売新聞)

 【北京=佐伯聡士】中国四川省で12日地震が発生した後、インターネット利用者の間で、「地震発生前に地震を予知するような現象があったのに、地震局はどうして地震を予報できなかったのか」などと批判する書き込みが出回っている。

 中国南部・広東省の地元紙「広州日報」系のニュースネットサイトが13日伝えた。

 同サイトによると、今月9日夜には、ネット論壇に、「山東省臨沂で地震雲を見た」などとの書き込みがあった。また、四川省の地元紙は10日、同省綿竹市で、ヒキガエル数十万匹の集団移動が起きたと報じていた。報道では、「天災の前兆ではないか」と懸念する村民に対し、「繁殖期には正常なこと」とする林業局のコメントを紹介していた。一連の現象と今回の地震との関連は不明だが、綿竹市は大きな被害を受けている。



http://6326.teacup.com/eqcinfo/img/bbs/0011433.jpg





太陽活動とマントル活動、地震の関係については:

<地震のメカニズム> (地震は予知できる?! HP)



太陽活動の状況:

<ラーの活動>(過去エントリ)

極大期、および極小から上昇に転じるときに地震や噴火が多い。



地震の予兆としての大気中のラドンやイオン濃度の変動については:

<兵庫県南部地震前に大気中ラドンの濃度変動を観測 臨界現象数理モデルへ適用し地震予知に活用も>
(独立行政法人 放射線医学総合研究所 プレスリリース 平成19年1月16日)



<地震前に大気イオンが発生するメカニズム(仮説)> (NPO法人大気イオン地震予測研究会)



・・・で、今回の四川地震の予兆現象(予知)としては、これが一番凄い


(<地震宏観現象と推測される事象研究(電気機器関連)掲示板>より)

■ DS-120第4で指向性確認実験=No.33 電気機器名:電卓
No. : 2850 [返信]
Name : 埼玉「うさぎ」/川口市
Date : 2008/05/11(Sun) 23:54

当方の保有する電卓の内、ONキーから異常が始まることがあるのは、CASIO DS-120第4([8]No.2222ご参照)なので、それを使って4/20より実験を行ってきた。この電卓の電源はソーラーのみで、通常、明るい場所では、[0.]が現れている。ONキーを押すと、表示板は[無表示]に変わる。指を離すと、また[0.]が現れる。前回の実験(No.32)は No.2846ご参照。
 電卓(サイズ=18cm四方,厚さ=1.5〜4cm)を両手で持って立ち、東から、北東、北、北西…と反時計回りに、 45度ずつ向きを変えて、その方向に向かい、ONキーをほぼ一定の速さで10回ずつ叩いて(押して)ゆく。20回転し、約1600回、ONキーを叩いた結果を下記。

【 電卓を両手で持って、立って実験 】【全て左手の親指でONキーを叩いた】
5/11 23:27〜23:49異常表示[M……]観察回数
東東 25回 /196=0.127 /200=0.125
北東 28回 /196=0.142 /200=0.140
北北 25回 /196=0.127 /200=0.125
北西 13回 /196=0.066 /200=0.065 谷
西西 27回 /196=0.137 /200=0.135
南西 26回 /196=0.132 /200=0.130
南南 27回 /196=0.137 /200=0.135
南東 25回 /196=0.127 /200=0.125
合計196回 (均等数値=196/8方向=24.5回)
平均 24.5回 /196=0.125 196/1600=0.122

 仮に、この電卓に指向性があるとすると、今回は、北西以外は非常に高く、ほぼ全方位。なぜか、北西だけが谷。合計196回は過去の最大値164回(No.18)を大幅に更新した。いわゆるバースト状態と推定。

(中略)

☆今回は合計196回も観察され、過去の最大値164回(4/29No.18)を大幅に更新した。いわゆるバースト状態と推定されるので、場所は不明ですが、国内(周辺)でも、これから10日程度は、念の為【 厳重な警戒 】が必要と思います。






魚拓がうまく取れなかったので、各自で現物を見てチョ
(ちなみに茨城の震度5は5月8日、四川の地震は5月12日)


(補足)

忘れてました↓
<佐々木理論>

「地震のエネルギーは、太陽が地球に供給する磁気量である。太陽からの電磁波は地球の両極から取り込まれる。その磁気量が地震のエネルギーとなる。
地球に取り込まれた電磁波は、マグネティックスポットと呼ばれる場所から空中に吹き出してくる。
 その典型的な場として蓼科(タテシナ)山付近がある。(このような場は日本各地、そして世界各地に存在する。)このマグネティックスポットから吹き出す磁気(モノポール)は、絹雲を発生させる。その磁気量の多い少ないで雲の形は変化する。磁気を多く含むものを、地震雲と呼ぶ。そしてその吹き出した磁気量(モノポール量)は台風を生み、ハリケーン、サイクロン、トロネードを発生させる。すなわち、地球ダイナミズムの本体は磁気量(モノポール量)である。
  このモノポール量の流れこそ地球の息吹であり、生命の源であると同時に、大地震をもたらす事にもなるのです。」


佐々木予測、いちおうあたってる・・・

<7日以内にM6級地震(2005年4月)> ←コメ欄



5月12日甘肃天水地震前半小时天空出现彩云−YouTube


地震雲?
posted by 悲しき秀才 at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

たまにはクラシック


Beethoven's Piano Sonata No. 17 in D minor, Opus 31 No. 2− Wilhelm Kempff (YouTube)



続きを読む
posted by 悲しき秀才 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

業務連絡

・・・というわけで、当分更新が滞るかもしれません


何卒事情ご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます





ハカイダーの歌(YouTube) 



 


ぼくらのキカイダー(YouTube)





posted by 悲しき秀才 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

メモ

「矢野祐太郎」「矢野シン」「神宮一二三」関連で来られた方のためのメモ。


神宮一二三って、確か立川市の砂川七番ってところに住んでたと思う。


今はモノレールwwwが通って便利になったみたいだけど。



そういえば「日月神示」。


ウィキペディア、だいぶ荒れてますねwww



「マニ教」 = 「明教」 → 「明」 ⇒ 日・月


なーんだ、マニ教だったんだ!(笑)



<関連エントリ1>

<関連エントリ2>
posted by 悲しき秀才 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする