2008年01月31日

ネタがないもので・・・

<吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草>より

写真

http://blog.canpan.info/fukiura/img/2201/dsc06938_1.jpg

via kwout



左から、エリザリエフ国際局長(元ソ連共産党サハリン州第1書記)、
森敏光ハバロフスク総領事(のちにカザフスタン大使、現在みちのく銀行顧問)、
「海峡太鼓」の阿部勇氏、知事、鎌仲秀晴「海峡太鼓」事務局長、
鈴木宗男氏、筆者(吹浦忠正氏)。
(記事の魚拓)



<家庭の銀行・みちのく銀行>
子会社および関連会社

・名称:(株)みちのく銀行(モスクワ)
・所在地:ロシア連邦モスクワ市バリシャーヤ・オルドウィンカ37
・電話番号:7-495-729-5858
・主要業務:銀行業

・名称:Michinoku Preferred Capital Cayman Limited
・所在地:ケイマン諸島・グランドケイマン・ジョージタウン・サウス・チャーチ・ストリート・アグランドハウス 私書箱309GT
・電話番号:−
・主要業務:証券業務



<みち銀がロシア法人譲渡を完了>
「みちのく銀行の杉本康雄頭取は21日の定例会見で、連結子会社であるロシアの現地法人「みちのく銀行(モスクワ)」について、みずほコーポレート銀行に対する株式1千万株の譲渡を完了したと発表した。
1999年、邦銀としては初めてロシアへの進出を果たしたみち銀だが、株式譲渡完了により海外業務が終了した。譲渡額は70億円。・・・」
(陸奥新報・2008/1/22)



<みずほ損失 2500億円に拡大も>
「みずほフィナンシャルグループの米サブプライム住宅ローン関連の損失が、2008年3月期連結決算で2500億円程度に膨らむ恐れがあることが30日、明らかになった。

 3月期の損失は1700億円と予想していたが、欧米を中心に金融市場の混乱が長期化し、傘下のみずほ証券を中心に損失が拡大するとみられる。

 みずほ証券は追加増資の検討に着手した。親会社のみずほコーポレート銀行が中心となって支援する。新たな資本増強は2000億円規模になりそうだ。」
(スポニチ・2008年01月30日)






posted by 悲しき秀才 at 06:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

FW:RE:おい!こら!おまえ!自腹で海豚くっているのか?

マネーモンキーレポート殿の「特別攻撃」
<【業務連絡】ネット潜水艦様、伊豆のイルカの件を書いてください>



団長殿の「オールレンジ攻撃」
<日本の子供達を水銀汚染偽装鯨肉(イルカ肉)給食から守って下さい!小沢一郎ネクスト総理大臣!>


までの流れは、まさに 「ネ申」 展開・・・ (注1)


ところで、水産庁!!

反日勢力である反捕鯨勢力と闘う、勇気ある役所と思っていたけど

水産庁捕鯨班HPのQ&A見たら・・・

<よくある質問と答え>
Q11:クジラの肉は汚染されている?

「一部の反捕鯨勢力により、鯨肉が水銀やPCBなどにより高度に汚染されているとの批判が行われているが、現在の鯨肉供給の大部分を占める南氷洋鯨類捕獲調査からの副産物鯨肉は、汚染の極めて少ない南氷洋で捕獲されたものであることからも当然であるが、他のいかなる食料に比較しても極めて汚染度が低い。また、北西太平洋鯨類捕獲調査から得られる鯨肉の汚染度合も、厚生労働省の暫定基準値以下である(具体的な分析値については日本鯨類研究所のホームページhttp://www.icrwhale.orgに記載されている。)。反捕鯨勢力の批判の根拠は、日本近海で捕獲されたイルカの内臓に高い汚染が見られたことに有るが、このようなイルカの内臓はほとんど食用には供されていないのが実状である。

(魚拓)

・・・内臓だけ?


<鯨の赤身にも高濃度の水銀 北海道医療大の調査で>

「国内で市販されている小型鯨類の赤身肉に、最高で厚生労働省の暫定基準値の約200倍という高濃度の水銀が含まれているとの調査結果を、遠藤哲也・北海道医療大講師(中毒代謝学)らのグループがまとめた。・・・」

2002/10/22 【共同通信】

(魚拓)


もちろん「小型鯨類」=「イルカ」。


ついでに参考資料として

水産庁が各県に割り当てているイルカの捕獲頭数の枠の数字の最新版
「2007〜2008の鯨種別捕獲枠」

2007.gif

(ソース)



これは「きっこ」が「太地町の数字」として詳細を挙げていた数字の元データ。

この全体の数字を知っていながら、ことさら太地町を問題視していた「きっこ」が、いかに岩手県を意図的にスルーしていたかがよくわかる。


数字としては、14年ぶりに捕獲枠が見直されたということなので、全体として1.4%の微減(294頭減)、と。

しかし、それまでゼロだった「カマイルカ」の枠が新たに設けられたり、「IWC管理外のイルカ漁なら構うことねえべ・・・」というのがみえみえ。


牛肉偽装問題の時と同じく、

役所−業界−反日利権団体 (水産庁−漁協−日教組)

の構図だが、

「我が国の小型鯨類漁業は、農林水産大臣の許可漁業である「小型捕鯨業」と道県知事許可漁業である「いるか漁業」に分かれる。」
(ヘルプアニマル)

ということで、「県」も強く絡んでいるように見える。

<岩手県 総合政策室 広聴広報課 意見・提言集>

平成19年10月の意見・提言集(2007年12月28日)

受理年月日:平成19年10月31日

受理方法:知事ホームページ

提言内容:
イルカ猟を止めて欲しい。こんなことが起こっているとは知らなかった。日本の恥である。知能も高く、人間と同じように家族と生活をしているイルカを何故苦しめるのか。

取組状況:
イルカは本県の重要な漁業資源であり、政府が全国で捕獲できるイルカの頭数を、科学的な調査により設定するなど、適切な資源管理が行われています。本県のイルカ漁業も、国から割当てられた頭数枠に基づき適正に行われていますので、今後とも知事許可漁業として操業を認めていきます。

反映区分:D 実現が極めて困難なもの

担当部局名:農林水産部

担当課名:水産振興課

回答担当:漁業調整担当

回答担当電話番号:019-629-5805

(魚拓)



イルカ問題も、やはり「二正面作戦」にならざるを得ないようで。



(注1)

以前、拙エントリに寄せられたコメント「ゲソラの弱点」・・・
ゲゾラの天敵はコウモリだと怪獣大図鑑に書いてあったど。
Posted by Mang Force at 2007年07月09日 21:57

イルカの声にも弱いみたいですね。
Posted by 悲しき秀才 at 2007年07月10日 00:49

<いわゆる「第三次スーパーメタロボットタグ大戦」問題について>(2007年07月09日)のコメ欄


     ↓

「怪獣図鑑によれば、ゲソラの弱点はコウモリやイルカが出す超音波。

で、ゲソラを退治するためには、コウモリやイルカを応援する・・・
とりあえず自分がコウモリやイルカを好きか嫌いかは別にして、と。」

<ゲソラの嫌いなもの> (2007年08月03日)


     ↓

この「ゲソラの弱点」をしっかりと頭に入れ、まさにここぞというタイミングでゲソラに特攻したマネーモンキーレポート殿。

<【業務連絡】ネット潜水艦様、伊豆のイルカの件を書いてください> (2008年01月10日)

     ↓

そして、この一撃によって生じたオウンゴールの連鎖反応を見逃さず、文字通り超人的な洞察力で反日勢力にオールレンジ攻撃を加えた団長殿。

<日本の子供達を水銀汚染偽装鯨肉(イルカ肉)給食から守って下さい!小沢一郎ネクスト総理大臣!> (2008年01月25日)



このような猛者達で幕末の京都はひしめきあっていたのか・・・

posted by 悲しき秀才 at 02:17| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

「靖国」その1

以下、幕末・明治維新から先の大戦まで、日本のために尊い命を投げ打った先人達の慰霊自体を問題にしているわけではないことをはじめにお断りしておく。


そもそもの出発点からして、靖国神社(当時・東京招魂社)は、戊辰戦争の薩長方(いわゆる新政府軍)の戦死者の慰霊のために設けられたものであり、幕府軍、奥羽越列藩同盟軍、彰義隊、新撰組の戦死者は現在に至るまで慰霊の対象外となっている。(北白川宮能久親王を除く)

西南戦争の戦死者についても然り。西郷隆盛をはじめ薩摩軍の戦死者は今でも慰霊の対象外となっている。


内戦戦死者のうち、勝った側の陣営の戦死者のみを慰霊すればいいという、文字通り「勝てば官軍」の発想で、第二次大戦の戦勝国の「勝てば官軍」の「東京裁判史観」を批判できるのか?

負けた陣営を「賊軍」とみなして慰霊の対象から除外していながら、「A級戦犯は慰霊の対象から除外せよ」という諸外国の主張に反論できるのか?

この時点で私からすればアウト。


また、一番根本的な問題としては、折口信夫が神道学の立場から指摘していたように、神社において「天神地祇(てんじんちぎ)」を祀るのではなく「人」を祀るのは、その人が「御霊」(ごりょう)=「怨霊」である場合に限られる。

「御霊」(ごりょう)とは、この世に恨みを残して死んだ人の霊。祟りがあるから祀って祟りを防ぐ。

死者を神社の形式で祀るということは、その霊が「怨霊」「亡霊」であるとみなしているいうことになる。


戦没者の魂は、恨みを残して死んでいき、怨霊になっているとでもいうのですか?


神社であるというなら、先ず天神地祇を祀り、然る後に戦死者を慰霊すべきではないのか。


(続く)
posted by 悲しき秀才 at 06:55| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

『戦場の逆ローレライ』 (注:ネタバレあり)

ついに軍事機密が白日の下に・・・









つまり、これですか・・・




なんつーか

ダサっ・・・(笑)


「ジェーン年鑑によれば、

満載排水量:水上275t・水中330t。
全長34m、全幅3.8m、喫水3.2m。
ディーゼル・エンジンが1基。
推定最大速度は水中8kt・水上 7kt。
航続距離は水上航行時最小1,500海里
作戦可能日数は推定20日間(NKSF 98基準)
ソナーは手動式。出入り口は3カ所。」


「工作員の侵入を主目的としてつくられた、らしい」・・・(爆)


独自に入手した極秘情報としては

・名称:「伊豆〇八一」(オワイ)

・乗務員の主な食料は、海上で捕獲したイルカの味噌仕立て鍋

・「逆ローレライ機能」(別名「オウンゴール機能」)搭載。
 
(逆ローレライ機能とは、友軍の行動が敵に筒抜けとなるとともに、友軍艦の被弾率を格段に高める、サイコミュの一種)



・・・潜水艦で思い出すのは、やっぱり海竜、蛟竜。

「海竜(かいりゅう)は、大日本帝国海軍の特殊潜航艇の一種で、敵艦に対して魚雷若しくは体当りにより攻撃を行う有翼特殊潜航艇・水中特攻兵器である。SS金物とも呼ばれた。

本土決戦用の特攻兵器として開発され、飛行機の部品などを使って横須賀の海軍工廠などで、1945年(昭和20年)に全部で200隻が建造された。通常の潜水艦と異なり、翼を有し、飛行機のように上昇と下降を行うため、構造が単純で建造を短期間に行うことができた。終戦により、本土決戦が回避されたため実戦に投入されることはなかった。」(ウィキペディア)


「蛟竜(こうりゅう), もしくは蛟龍は大日本帝国海軍の特殊潜航艇の一種。甲標的丁型が正式名称であるが、一般にはこの名で知られる。3隻が沖縄戦に参加した。

決号作戦(本土決戦)における日本の「切り札」と期待されて1000隻の建造が目標となり、全国各地の造船所などで最優先で建造される予定だった。終戦時には約150隻の蛟竜が完成して各地への配備を完了しており、さらに約460隻が建造中であった。」(ウィキペディア)





先人たちが命をかけて守ろうとしたものとは・・・



で、平成20年・・・




中国も本気

北朝鮮も韓国も本気

ロシアも本気

アメリカも本気


少しは本気出すか・・・


posted by 悲しき秀才 at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

「アルバイト原稿を書きたい方、募集します」(爆)

<情報操作の手法> (ウィキペディア「情報操作」よりテキトーに抜粋)


・情報の波の創出
 情報の一次波を起こし、不特定多数による大規模な二次波を発生させる。

・一次効果
 最初に発信された情報は、後発の情報よりも優先され、信用されやすいという原理に基づく。

・側面迂回
 主題とは無関係な記事の正確性を期して、記事全体の信憑性を高める。真実に紛れれば嘘の信憑性は高まる。

・半真実
 虚偽の中に一面的な真実を織り交ぜ、記事全体を真実に見せかける。

・匿名の権威
 「消息(信頼すべき)筋によれば…」等のフレーズで始まり、記事の内容に権威を与えることを目的とする。この「筋」の名前は決して明かされることは無い。

・泥棒捕り
 何らかの事件に対して批判・責任を問われる人物が、他者に先駆けて事件を批判し、国民の怒りを他方向に向けさせる。

・撹乱
 大量の誹謗中傷を流し、事件そのものに対する関心を低下させる。いわゆる情報ノイズ。

・ブーメラン効果
 国家権力により弾圧・迫害されることで、「自由の闘士」というイメージを作り出し、官営マスコミの報道を逆用する。

・ハレーション効果
 政治家、芸能人等の著名人の横に並ぶことで自分の信用を高める。




・・・インテリジェンス(笑)



posted by 悲しき秀才 at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

「靖国スクープ」事件の気になる点

「靖国暴行事件」に関する殿下のスクープ問題・・・


時系列を追っていくと、不自然な点ばかりが目につきます


殿下による「デモ」の告知のタイミングとか

産経の報道のタイミングとか



ことさら「靖国」を言い立てる人やメディアは、まず疑ってかかることにしてます
(慰霊自体の問題とは別)



2ちゃんのニュースレにおける殿下の知名度の不自然なまでの高さについて(笑)

posted by 悲しき秀才 at 09:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訃報 月本裕

ごく個人的なエントリ。


<作家の月本裕さん死去> (asahi.com)
 
月本 裕さん(つきもと・ゆたか=作家)が9日、脳出血で死去、47歳。

通夜は12日午後6時、葬儀は13日午前10時から東京都板橋区板橋1の48の13の新板橋駅前ホールで。喪主は妻清美さん。

小説「今日もクジラは元気だよ」で89年、坊っちゃん文学賞大賞受賞。
(2008年01月10日)


<月本裕> (ウィキペディア) 

月本 裕(つきもと ゆたか、1960年 - 2008年1月9日)は、日本の作家、編集者。

東京都出身。武蔵中学校・高等学校卒業。上智大学外国語学部ロシア語学科中退。法政大学文学部日本文学科中退。

マガジンハウスの『BRUTUS』や、『ガリバー』などの雑誌で編集者として活躍した後、作家活動を開始する。

1985年、栗本慎一郎の『鉄の処女』(光文社)で、人物紹介を担当、赤裸々な筆致で名を馳せる。

単独著書としては、1986年に『「東京時代」は、永遠です。―だから、勇気を出して無責任!』(光文社)でデビュー。

1989年、小説「キャッチ」(「今日もクジラは元気だよ」)で第1回坊っちゃん文学賞大賞を受賞。 1994年には勝新太郎演出の舞台『不知火検校』の共同脚本を手がけるなど活躍は多岐にわたる。

放送関係の仕事では、フジテレビ系列の『EZ!TV』のブレーンやBSフジの『ザ・ロングインタビュー』の構成などがある。

2007年末からは競馬雑誌『レーシングポスト』の編集長に就任していた。

2008年1月9日、脳出血のため47歳の若さで逝去した。


・・・彼が法政大学の時、明大の栗本慎一郎の授業やゼミを聴講(?)


まあ、書いてるもの自体はそんなに面白いとは思わないが・・・


ブログを見返すと、行ってた寿司屋も中々の渋いチョイス。

どっかの誰かさんみたいに、久兵衛に行っただけでサブプライムがどうとか勘違いしてる奴とは大違い。


健康にはかなり気をつかってた様子。

<ツキモトユタカ ノ マイニチ> (彼のブログ)

2007年11月17日 (土)
脳梗塞という病気

私自身も糖尿病であり、脳梗塞のリスクはとても高い。もっとも仲の良かった母方の祖父は脳梗塞で亡くなった。恩師である栗本慎一郎先生は脳梗塞で倒れ、自らその病の深層に迫る研究を行い、健康食品まで発見販売している。オシム監督の病状は気になるが近づくことはできないし私の情報が届くかどうかはわからないが、知人経由で届く可能性はある。

まず基本は栗本先生のこのサイトを読んでください。先生はかなり重い発作から生還後、独自のリハビリ方法や道具も開発。いまや車を自在に運転しテニスやゴルフを楽しみ海外取材も精力的になさるまでになった。倒れたのは1999年、まだ50代だったが、現在は65歳(もうすぐ66歳)、オシム監督と同年の生まれである。栗本先生が推奨する健康食品クリールベールは私も愛用しているが、とてもいい感じがします。


「クリールベール」っていうのは、ルンブロキナーゼが含まれたサプリ。
抗血小板剤の塩酸チクロビジン(パナルジン)とは違って、穏やかな作用なので脳出血もしにくいはずなんだが。


やはり何かあったのか



合掌。


<This is キツネ眼タル♪ (メドレー)>

<今月の(脳内)ベストセラー<w >

<「ルネサンス佐世保銃乱射事件」 トバシ記事w>

<雑感w>


有馬記念はハイアーゲーム
馬の首







posted by 悲しき秀才 at 02:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

雑感w

PENTAXのコンパクトカメラと同じ名前のブログの最近のエントリがキレイに削除されている件についてw

posted by 悲しき秀才 at 04:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

★★永田町1-11-1 ミンス系流行の大陸ファッション★★

日本のキリスト教関連の人物を調べてたら、

そうそう、大平正芳・元首相もキリスト教徒でした


大平さんといえば、思い出すのは「省エネルック」・・・


♪両の瞼をそっと合わせりゃ、省エネルック着た嬉しそうな大平さんの姿が浮かんでくらあ・・・







おっと、省エネルックといえば、この人を忘れちゃいけません





羽田孜・元首相。

現・民主党最高顧問(笑)


羽田サンがキリスト教徒かどうかは存じませんが

小沢(小澤)サンの強烈な個性とは対照的に、なんか「イイ人」の世間的イメージ。


でも、


日米欧三極委員会のメンバーだったし〜


自称「徐福の子孫」で、日本徐福会名誉会長だし〜


最近は人民服(?)着ちゃってるし〜


2007年12月の民主党訪中時


(新華社通信 『日本前首相自称徐福后人 热衷中日友好』)



(民主党HP)


やるぅ!!!

まさに大陸系フォーマル♪

中国政府の好感度、UP☆


当分、民主党最高顧問の羽田サンからは目が離せませんね!!

posted by 悲しき秀才 at 03:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

お知らせ

・リンク集「へ〜! 種」を新たに設けました

・「リンク集」に <日本で一番危険なブロガー>殿を追加させていただきました



image300.jpg


posted by 悲しき秀才 at 11:22| Comment(7) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする